「サラリーマン川柳」

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741756

「ノー残業 趣味なし 金なし」 サラリーマンは給与を運ぶ鳥であった。爺様も69歳まで同じだったナ、給与は家のローンと教育費で終った。

「中国製」

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741755

例の中国製スマホで大騒ぎ ”ファーウエイ” はいつの間にか世界の1番上にいた。で今朝の購読紙、政府保有の ”ドローン” は中国製8割とあった。保有は330機とある、日本製80機、仏2機。又国内には10万機以上のドローンがあり、7~8割は中国製。日本製より安くて性能が良い中国製であった。今更情報流出の恐れ?今頃言っても遅いのである。

「よそ見しておけ」

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741754

徴用工問題で、韓国政府は新たな財団を設けるとあった。当然日本政府は受け容れないとある。当然だホットケ・ほっとけ、係りあうな。

「政治家の診断書」

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741753

丸山議員、衆院の聴取を欠席、理由は2か月の休養が必要との事である?二流政治家が良く使う雲隠れである。便利な診断書である。

これも議員特権かなぁ!?^^;

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741752

丸山議員 聴取欠席、「適応障害で2か月間の休養必要」  北方領土をめぐる「戦争発言」について、24日に国会で説明するよう求められていた丸山穂高衆院議員が、「適応障害」のため「今後2か月間の休養が必要」だとして、事情聴取を欠席しました。  衆議院の議院運営委員会では、丸山議員の発言について、「国会の権威をおとしめる発言」だとして、丸山議員本人から事情を聞く必要があると判断し、24日の理事会で説明...

朝日新聞労働組合委員長が自殺

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741751

https://news.yahoo.co.jp/byline/hanadakazuyoshi/20190522-00126883/

丸山失言に関して、維新党がロシア大使館にご謝罪

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741750

https://youtu.be/N0pDFKPtU9I 維新党の藁虫(松井党首)が戦争はしませんから勘弁してくださいとロシアにご謝罪した 実に偉い! 一億二千万日本虫けら人民共の鑑だ

反日とは商売なのか

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741749

この商売上手が朝鮮 支那は反日ではなく共産党維持の為に始めたが 失敗に終わった 清の時代から反日は国策としている 蒋介石は満州の馬賊であり 北の民族になってから反日になっている 朝鮮も同族だ 日韓の外交が良かったときは経済も良かった というが 日本の援助が底なしだったからだ もしも 良くなっても底の浅い経済関係になるべきだろう その他では 反捕鯨派、国連も商売にしている

制裁発動のチャンス到来を活かせ我が政府・・・

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741748

☆門田隆将氏・・・ 韓国政府が正式に「日本企業は賠 償に応じるべきだ」と表明したことで、 遂に日本に制裁発動のチャンスが 到来した。これ以上待つと韓国経済 崩壊のトリガーを引いたとして、国 際社会から余計な指弾を受けるこ とになる。制裁発動は「今」だ。。(# ゚Д゚)!!! https://twitter.com/KadotaRyusho/status/1131480170106195...

世界を知りたいという願望とその願望に付きまとう虚偽と誤謬

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=741747

  私たちが生きている世界がどういったものであるのかということを想い巡らせると、私たちが思い描いている世界は事実であるよりも私たちの世界の解釈という様相を持っており、私たちの世界解釈は、更に様々な記号もしくは刺激の束で構成されている。 こういった記号あるいは刺激によって形成されている世界解釈は、同時に仮説という形を取っている。私たちが思い描く世界は、事実であるというよりも仮説である。私たちが...

についての日記やトピックについてはmy日本へ。
my日本は日本の危機に気付いた人々が集まり、皆が知るべき情報を一人でも多くの人々に周知するお手伝いをしています。
はmy日本にキーワードとして登録されており、関連する日記やトピックが準備されています。
あなたも是非登録して、に関する情報を調べてみましょう。


<< 前へ 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次へ >>